ソフトバンクと17政令指定都市が自然エネルギー協議会設立2011年07月27日

http://mainichi.jp/select/biz/news/20110727dde007020064000c.html

ソフトバンク:17政令市とエネ協設立

ソフトバンクと京都市など全国の17政令指定都市は27日、太陽光や風力発電などの普及促進を目指す「指定都市 自然エネルギー協議会」の設立総会を東京都内で開いた。大規模太陽光発電所「メガソーラー」設置のほか、住宅への太陽光発電の設置拡大や節電など都市部ならではの電力対策に取り組む。ソフトバンクはすでに35道府県とも同様の協議会を設立しており、自治体との連携で自然エネルギーの普及や関連ビジネス活性化につなげたい考えだ。

27日の設立総会には19ある政令市のうち千葉市と新潟市を除く17の政令市長らが参加。京都市の門川大作市長を会長に選出した。ソフトバンクの孫正義社長は「政令市には(発電所を設置する)広大な土地があるわけではない。都市型のエネルギー供給の解決策を国に提言していきたい」と指摘。具体的には、住宅の太陽光発電の買い取り制度の拡充や、住民の節電を促す次世代電気メーター「スマートメーター」設置義務づけなどをあげた。

参加した政令市は、札幌、仙台、さいたま、横浜、川崎、相模原、静岡、浜松、名古屋、京都、大阪、堺、神戸、岡山、広島、北九州、福岡の17市。【乾達】

毎日新聞 2011年7月27日 東京夕刊

コメント

_ Phyllis ― 2017年05月09日 20時04分09秒

Right here is the right web site for everyone who would like to understand this
topic. You realize a whole lot its almost tough to argue with
you (not that I really would want to?HaHa). You certainly put a
fresh spin on a subject that has been discussed for years.
Great stuff, just excellent!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック